FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


半分抜糸

退院後 初めてのかかりつけ医受診。
もしかしたらサンは病院に行くのを嫌がるかしらと思ってたら全然大丈夫でした( ̄ー ̄)

あまり長い時間待ちたくないので午前中の受付終了間際に行ったのですが、今は狂犬病の予防接種の時期で院内はとても混んでいました。
そのため受付後は病院の外でひなたぼっこをしながら順番を待つことに。
サンは公民館の周りをちょっと歩いてオシッコ&ウンチ。

ふと見るとサンと1日違いで入院してきたタロウちゃんのお父さんお母さんがまた面会にいらしてたので声をかけしばらく立ち話。
抱っこバッグの中のサンはお父さんに抱っこされたタロウちゃんと鼻同士を突き合わせてご挨拶。
酷い下痢で入院してきたタロウちゃんは幸い病気や菌などは出なかったものの、まだ便が緩いままなので退院できずにいるそう。
お父さんお母さんが足繁く面会に来てくれるとはいえ長い入院は淋しかろうなぁ。。

30分ほど待ってやっと受診。
体重は3.8キロ。着々と戻ってきています。
次に絆創膏がはがされ経過を調べながら2~3針分を抜糸。傷のくっつき具合も良いようです。
このとき私は初めてサンの傷をじかに見たのですが、思っていたよりも大きかったです。
10針以上縫ってるのかなぁ(数えられなかった)。長さも10センチ以上あります。

そのあと病理検査の結果を説明していただきました。
子宮については、粘液子宮と嚢胞性子宮内膜過形成(非腫瘍性病変)。
卵巣については、黄体形成(非腫瘍性病変)。
子宮水腫か子宮蓄膿症と思っていたけど、その中間のような病気だったのですね。

その後サンだけ処置室に移動して更に抜糸をし絆創膏の貼り替え。
今日は半分だけ抜糸して、残りは金曜日にまた経過を見てからするということで終了しました。

病院を出たのは午後1時すぎ。
まだ半分しか抜糸できてないからどうしようかと考えたけど、とても良いお天気だったので思い切ってGreenWoodさんまで足を延ばすことに(もちろんサンはバッグの中)。
途中、少し道をはずれてみたら大きなお宅の庭にある見事なしだれ桜を見つけました。
しだれ桜1
いや~これはまた見事な大木です。
しだれ桜2

久々に訪れたGreenWoodさんではオーナーさんご夫妻が大歓迎してくださいました。
大変な歓迎っぷりにサンもにんまり顔。
実はGreenWoodの看板犬ミミちゃんは偶然にもサンと同じ日に乳腺腫瘍と避妊の手術をしたのです。
ミミちゃんはまだ抜糸前でお腹に大きな絆創膏を貼っていましたが、いつものように元気いっぱいで激しいチューで迎えてくれました。
2人とも頑張ったね。そしてお互い無事に手術が済んで良かった良かった。
途中、常連の黒柴ちゃまちゃんとお父さんも来てサンの回復をとても喜んでくれました。

GreenWoodさんでゆっくりしたあとはのんびり歩いて帰宅。
ずっとサン入りの抱っこバッグを持って歩いてたからさすがに疲れました~(*´Д`)=з

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。